飲み終わった緑茶のティーバッグはまだまだ活躍できる!

緑茶のカテキンは排水口の汚れに効果大!ティーバッグの便利な活用法

飲み終わった緑茶のティーバッグはまだまだ活躍できる!

お茶

ティーバッグでお風呂掃除

美味しい緑茶を手軽に飲むことのできるティーバッグですが、飲むために利用した後も活用することができます。その活用場所はお風呂場です。家族みんなが使うお風呂の掃除に役立てることができるのです。お風呂はみんなが毎日使うため、排水口はすぐに汚れてしまいます。シャンプーやコンディショナーによるヌメリも目立ってくるでしょう。専用の洗剤を利用することで汚れを落とすこともできますが、使用済みのティーバッグを使うことができるなら節約やエコにも繋げることができます。

ティーバッグの使い方

ティーバッグを利用してお風呂場の掃除をする際は、まずはフィルター以外の部分を取っ払ってしまいましょう。掃除をする際にじゃまになってしまうからです。フィルター部分のみを残したら、袋が破けないよう力を入れすぎずに排水口の汚れを優しく拭き取りましょう。排水口全体を擦ることができたら、水で流します。なんと排水口の掃除はこれだけです。この作業だけでヌメリのあった排水溝を綺麗にすることができるのです。

なぜ簡単に汚れを落とすことができるのか

なぜ排水口の汚れを簡単に落とすことができるのかというと、緑茶に含まれるカテキンに秘密があります。カテキンには抗菌作用や消臭効果、油汚れにも効果があるため、掃除に役立てることができるのです。緑茶にはそのカテキンが多く含まれるため、素早く簡単に掃除を行うことができるというわけです。忙しい主婦の方にはありがたい効果といえるのではないでしょうか。美味しい緑茶を飲んだ後も、このカテキン効果を利用して気になる汚れをピカピカにし、清潔な家を保ちましょう。

広告募集中