ママの悩みはスロージューサーで解決!便利なグッズの利用方法

子育てを行う方に

子育てを行う際に便利な授乳ケープやスロージューサーについての情報をお届けします。これから子育てを行う予定のある方や、今まさに子育てを行っているという方は、参考にしてみてください。ランキングという形で子育ての悩みやその解決策もお教えしていきます。

スロージューサーが子育てに役立つわけとは

家族

子育てに便利なスロージューサーの特徴

野菜や果物をジュースにすることができる機械として人気のスロージューサーですが、ゆっくりとジュースを作ることができるため、空気がほとんど入らず食材の酸化を防ぐことができるという特徴があります。葉野菜などの柔らかい食材も一緒にジュースにすることができるため、安全性も栄養価も高いジュースを作ることができます。

ママにも赤ちゃんにも嬉しい授乳ケープ

授乳ケープに多く利用されているのがポンチョ型のものです。この授乳ケープを利用することで赤ちゃんに素早く母乳を与えることができます。赤ちゃんを一緒に覆うことができるため、お母さんは周りの目を気にせず服をめくりあげることができるからです。母乳を与えるスペースが近くにない場合でも、建物の影などですぐに授乳を行うことができるでしょう。

新着情報

子育てで多いお悩みランキング

no.1

夜泣き

子育てを行うママたちの悩みで一番多いのは、やはり赤ちゃんの夜泣きです。まだ0歳であれば「お腹が空いている」「おむつを変えてほしい」などと原因を特定することができますが、1歳以上の子供は原因の特定が難しい場合もあります。
1歳以上の子供の夜泣きを改善させるためには、昼間の過ごし方に注意しましょう。精神的な理由が隠れている可能性もあるので、忙しい場合でも、しっかりと子供を甘えさせてあげることが大切です。子供が満足できるまで遊んであげたり、愛情をたっぷりと注ぐことで夜泣きが改善する可能性もあります。

no.2

急な熱発

1歳前後に多く現れるのが免疫機能の低下による発熱ということでランクインしました。急に熱が出てしまう子供も多く、朝は元気だったのに保育園から熱発の連絡が入るということもあるようです。まだ免疫機能が安定していない時期は、すぐに機能が低下し、弱い菌でも高い熱が出てしまう場合もあるので注意が必要です。
しかし、熱が出ているということは、身体が悪い菌を排除しようと頑張っている証拠なので、子供が元気な場合は受信せずに様子を見るという方法をとってもよいでしょう。もし歩くのが困難であったり、いつもと様子が違うと感じたらすぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

no.3

離乳食作り

離乳食に関する悩みも多く、3位に選ばれています。子供の味覚ができあがってくると、食材そのものの味を理解してくるため、好き嫌いが出てきます。食べたくないというわがままを言うこともあるので、お母さんがたはどうやったら食べてもらうことができるだろうと悩むことが多いのでしょう。そのような離乳食に関する悩みを解決するには、食事を楽しませることが効果的です。無理に嫌いなものを与えずに、他の美味しいと思えるものと混ぜて与えるという方法もあります。スロージューサーを利用することで食材の栄養をそのまま引き出すこともできるので、好きな果物と混ぜても栄養価の高い離乳食を作ることができます。しかし、あまり果物を使いすぎると糖分の取り過ぎになってしまうこともあるため、気をつけるようにしましょう。

no.4

皮膚トラブル

4位に選ばれたのは皮膚のかぶれなどのトラブルです。成長して歩けるようになると外出する機会も増えてきますが、日焼けや虫刺されにより皮膚が赤くなったりかぶれてしまうこともあります。そのような皮膚のかぶれを防ぐために外出を控えるということはあまりおすすめできません。外では多くのことを学ぶことができるため、どんどん外出させましょう。皮膚のトラブルを防ぐには、薄い長袖を羽織らせたり、虫よけ効果のある商品を一緒に持っていくとよいです。また、虫刺されやかぶれができてしまった場合は、緑茶のティーバッグを利用するという手もあります。緑茶の殺菌効果を利用するのです。痒みやかぶれのある部分を濡らしたティーバッグで軽く拭いて上げることで殺菌効果を期待することができます。お茶を飲むために利用した後の緑茶のティーバッグでも効果を期待することができます。

no.5

授乳のタイミング

赤ちゃんに母乳を与える際の悩みを抱えている方も多いようで、第5位に選ばれました。出先で授乳を行う場所がなかったり、卒業の時期はいつにしたらいいのかなど、授乳に関するさまざまな悩みを抱えている方が多いようです。授乳を行う場所が無いという悩みに関しては、授乳ケープの利用をおすすめします。授乳ケープは、胸と赤ちゃんを一緒に覆うことができるものなので、胸を出さずに赤ちゃんに母乳を与えることができます。突然赤ちゃんに母乳を与えなくては行けなくなった場合や、親戚の家での集まりに参加する際などにも利用することができます。卒乳に関しては、無理に行う必要がないということを理解しておくことが大切です。無理に卒乳を行うよりは、子供から離れていくのを待つ方を選びましょう。小学生になってまで飲み続けるようなことはないので、焦らず構えておくことでお母さん側も子供側もストレスを感じることなく卒乳することができます。

最後に

初めての子育てでは、未経験のことも多く不安を抱えてしまう方もいるでしょう。しかし、そのような不安は子供にも伝わってしまう可能性が高いので、しっかりと子育てについての悩みや不安を解決し、子供が安心して身を任せることのできるお母さんになれるよう子供と一緒に成長していくことが大切です。

[PR]離乳食や専用グッズが買えちゃう☆
食育をスムーズに進めよう

[PR]

緑茶のティーバッグを種類豊富に販売中!
美味しいお茶を見つけよう♪

[PR]ベビーグッズを多数販売中♪
使いやすい商品をゲットしよう

[PR]

人気のスロージューサーを厳選特集♪
使いやすい製品を要チェック!

広告募集中